糖の吸収を抑えてくれるグァバ茶を使ったダイエット法

グァバ茶の中にはグァバ葉ポリフェノールという成分が含まれていて、それには糖の吸収を抑えてくれる効果があり、食べたものをブドウ糖に変化するのを抑え、そのまま体の外に排出させるようになっています。
なので正確にいうと、「痩せる効果があるお茶」というよりは「糖を身体に吸収させない事で、これ以上太る事を抑える効果があるお茶」となりますから、グァバ茶だけを淡々と飲み続けているだけでは、ダイエットの現状維持はできてもそれ以上の成果はあまり期待できないかもしれません。
糖の吸収を抑える効果を補助的なものと考えて、別のダイエット方法と組み合わせるのがおすすめです。
特に、ダイエットのために運動に励んでいるけれど、その分お腹がすいてご飯をがっつり食べてしまって、結局体重を落とすことが出来ない人にとっては最高の飲み物ではないでしょうか。
炭水化物をしっかり摂取しても、ポリフェノールの効果で糖は外に排出されるので、食事のとりすぎで運動分の成果がなかった事になる心配がありません。
そして嬉しいことに中国大陸のほうで漢方として使われている割に、茶にすると癖がないのが特徴で、日本人にとって親しみ慣れているほうじ茶のような感じですから、食事中のお茶として出しても違和感はないでしょう。
他にも注目したい成分としては抗酸化作用があるタンニンはアンチエイジング効果が期待できますし、ビタミンCは免疫力、ビタミンAは老化予防に疲労回復などがあり、食物繊維も含まれています。

Comments are closed.